メンバー詳細ページ

寺島 俊一郎 (テラシマ シュンイチロウ)

寺島 俊一郎 (テラシマ シュンイチロウ):画像

株式会社丸俊、株式会社流通研究所の代表取締役寺島俊一郎です。
1976年12月29日山形県山形市生まれの山羊座B型です。

流通団地の造成と新社屋建設(現在の丸俊)そして本業である繊維卸に奔走した創業者寺島俊雄は、私が生まれる1年前、1975年3月10日に60歳の若さで急逝。
その頃父俊昭は、株式会社丸俊の代表取締役に就任したばかり。祖母寺島とみと二人三脚で年商12億、社員50名以上の会社を運営し始めた頃に、姉2人、妹1人の4人兄弟の3番目、待望の長男として誕生しました。
父俊昭は仕事と青年会議所で多忙を極めていたため、祖母、母、姉2人に育てられた私。女性に囲まれた家庭環境のせいか、優しく温厚、引っ込み思案、そして自由奔放に成長したと思います。6歳の時に妹が生まれたおかげで、少し自立をするようになりました。
小、中学校と背の順では常に一番先頭だったおかげで先生の話をよく聞くことができ、素直に成長、父や母の薦めで班長や実行委員長などもつとめました。

小学校3年からサッカーをするも、喘息のため5年生でやめてしまい、急速に横に成長。中学生では野球部に所属していましたが、小柄でぽっちゃり、長距離走が大の苦手でした。

高校時代ははじめて個人競技のバドミントンをこころざし、長距離走の克服と精神的な弱さを鍛える鍛錬をしました。

大学は経済学部に入学、冬場は蔵王でスキーのインストラクターのアルバイトを4年間勤めたことで、「伝える(教える)ことの難しさ」「自分を表現することの大切さ」を知り、引っ込み思案な性格から“自分を表現できる人間”へと成長できた気がします。
また、山形という閉鎖的で狭い世界から出ることで、外から見た山形の良さ、豊かさを実感することができ、「いつかは山形に戻って山形の良さを伝えられることがしたい」と思ったのはこの頃でした。
1997年上海に語学研修に2週間、インドと2度目の中国2週間ずつ個人旅行したことも、世界を知る良いきっかけになりました。
島国である日本はいかに閉鎖的で安全で幸せな国なのかを肌で感じ、“自分を持ち、自国に誇りを持ち表現しなければならない”ことを痛感しました。

就職難の1999年、Windows98の普及やインターネット時代の幕開けにより、ITに興味を持ち、社員2500名の大手IT企業に営業として入社。
新規営業から社内で売上No.1の企業の担当営業を経て、流通業のアウトソーシングプロジェクトに参画。5年半で“1人の力ではなく組織を動かすこと”と“営業の役割と重要性”を学ぶことができました。
2004年10月、IT企業を退社し、丸俊の経営企画室室長として山形にUターンしました。6ヶ月後、日本酒の美味しさを多くの人に知ってもらうこと、山形の食材の美味しさを多くの人に知ってもらうことそして、山形の良さを多くの人に知ってもらうことを使命にインターネット通信販売「まるごと山形」を立ち上げ。繊維業から食という異業種への進出ということもあって、ゼロからのスタートでしたが、妻千絵子の協力と長年培った丸俊の信用のおかげで、現在6年目を迎えています。
“熱い思い”と“使命感”があるからこそできる仕事、そんな「まるごと山形」に誇りを持って仕事をしております。

また、2007年4月より学生服を取り扱う、丸俊の子会社、山形ヨット服株式会社の取締役として就任。
2007年12月15日前代表取締役寺島俊昭の急逝により、株式会社丸俊の代表取締役就任。

学生時代の“自分を表現すること”そして社会人での“全員で組織を動かすこと”、そしてまるごと山形での“熱い思いと誇りを持つ”ことで不況のさなかにある繊維卸業から、衣料品を通して地域社会に幸せを提供する企業へと生まれ変わっていきたいと考えます。

2010年7月に山形ヨット服株式会社を株式会社丸俊へ統合。

丸俊のビジョン 東北No.1の繊維業を目指す。

丸俊のミッション 衣料品を通して地域社会に幸せを提供する企業であり続ける
座右の銘 己の欲せざるところ人に施すことなかれ 「論語」より
好きな言葉 為せば成る 為さねば成らぬ何事も 成らぬは人の為さぬなりけり
特技 SAJ公認スキー1級
   きき酒(2005年山形県鶴岡市きき酒選手権準優勝)
好きなもの 日本酒 旬を楽しむこと 鵡川のししゃも 越前ガニ(メス)
家族 妻と息子2人(3歳と0歳)



→寺島俊一郎プロフィールサイトはこちら


仕事服のコンシェルジュサービス<ふくまる>です。仕事服でお困りの方へ、プロのコンシェルジュがこころを込めてお手伝い致します。

「山形のおいしい日本酒、ワイン、フルーツ他食文化と旬を全国にお届けします」
 インターネット通信販売「まるごと山形」
株式会社丸俊 〒990-8681 山形市流通センター2丁目4番地3 TEL(023)633-3141/FAX(023)633-3146  [login] Powered by samidare

合計1,439,650件 (2011.02.21〜) 今日378件 昨日487件 記事420件